« 裸眼ではすごせません… | トップページ | 早ッ! »

自虐の詩

 原作が大好きなので観に行きました。
 感想は…観てよかったなぁ。阿部寛も中谷美紀も演技うまいなぁ。というか出てくる人みんなよかったなぁ。
 キャストも「えっ?この人だったんだ?!」という感じで、エンドロールも楽しく観られました。
 でも原作では主人公のユキエが「母」について考え、「私はお母ちゃんから生まれた!」と全てを悟るシーンがあるんですが、映画では「幸福」をテーマにしていたせいか、なかったですね。好きなシーンなだけに残念。
 エンドロールが終わっても最後まで見逃さないでね!

|

« 裸眼ではすごせません… | トップページ | 早ッ! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48334/8699939

この記事へのトラックバック一覧です: 自虐の詩:

« 裸眼ではすごせません… | トップページ | 早ッ! »